ネットの物件情報を入力するだけで誰でも簡単に調査ができます。

Selfinはインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。
Selfinのご利用は無料です。物件検討の便利ツールとして、また、自宅の資産ウォッチツールとしてSelfinをぜひご活用ください。

メインイメージ

SelFinで判定できること
 
価格の妥当性

独自の価格査定エンジンから、対象不動産の想定賃料と想定価格を算出し、価格の妥当性を表示します。

流動性

流動性の高い不動産ほど売却しやすくなります。昼夜間人口差から「街力」を算出し、対象物件の流動性を判定します。

耐震性

建築年月などから耐震性を判定いたします。耐震性が確保されていることが各種補助制度の条件となっているほか、資産保全にも大きな影響を及ぼします。

住宅ローン減税

住宅ローン減税は住宅購入者にとって欠かせない支援制度です。住宅ローン減税が利用できるかどうか判定いたします。

管理状況(マンションのみ)

マンションの資産価値を高く保つには、きちんと管理されていることが重要です。また設定されている管理費・修繕積立金が妥当かどうかも判定します。

土地の資産性(戸建てのみ)

接道状況や建ぺい率・容積率、セットバックの有無など、土地の資産性に影響を及ぼす項目について判定します。


報告書サンプル

 

SelFinが便利になる入力補助機能

予めブックマークに登録しておくだけでワンタップでSelFinの調査結果が表示される「スマホで簡単ワンタッチ機能」や、Chromeブラウザでポータルサイトの物件情報を表示するだけでSelFinの調査結果が表示される「Chrome拡張機能」など、SelFinがより便利により簡単になる各種入力補助機能をご用意しています。


SelFin(セルフィン) FAQ

 
SelFinの利用にはお金がかかりますか?
SelFinのご利用は無料です。

SelFinの価格の評価方法は何ですか?
マンションは「収益還元法」で算定しています。多くのWEBサービスが「取引事例法」をベースに価格査定エンジンを構成しているのに対し、不動産の利用価値を測る収益還元法を用いているのがSelFinマンション版の特徴です。WEBでたくさんの物件情報が得られるので、収益還元法でざっくり検討し、気に入った物件が見つかったら取引事例法で妥当性を再確認し、状況に応じて原価法を用いるのが良いのではないかと考えています。
戸建ては賃貸の事例がマンションほど多くないので、土地は「取引事例法」、建物は「原価法」で算定します。 ※不動産鑑定手法は「取引事例法」「収益還元法」「原価法」の3つが挙げられます。

SelFinの算出根拠は何ですか?
マンション版は全国で現在取引されている賃貸データを集計し、駅からの距離や建物の築年数、階数など20項目以上の独自の算定基準から算出しています。
戸建て版は国土交通省が発表している取引事例データをもとに土地の価格を算出し、建物価格は耐用年数から計算しています。全国統一の算定基準を用いていることもSelFinの大きな特徴です。

気になる物件が見つかったらどうすれば良いですか?
担当する不動産会社が具体的なご相談を承ります。SelFinにお問い合わせボタンがありますので、そちらからお気軽にご相談ください。


登録は無料です。
ぜひご活用ください。

SelFinは画面の案内に従ってご入力いただくだけで簡単にご利用いただけます。

selfinを使ってみる

登録